辛い足腰の痛みやシビレでお困りの方に朗報

経験者が語る ― 足腰の痛みやシビレを克服するサイト

痛みやシビレの症状解別説ページ

背中や腰の上、ときに脇やお腹にも感じる

胸椎の関節から左右に伸びている肋骨に沿って痛みやシビレを感じる病気です。
具体的には肋骨と並行してお腹に走っている肋間神経多くは左側の背中や脇に痛みを感じますので、心臓が悪くなったのではないかと心配になることもあります。また、肋間神経の分布は腰や下腹部に至りますので、消化器系の病気と錯覚してしまうこともありますが、多くは一過性ですので、時間とともに改善していくケースが多いようです。腫れぼったいようなシビレ感覚を感じる人もいます。
>>背中や腰の上、ときに脇やお腹にも感じる場合の詳細

背中や腰の上だけではなく、足にも感じる

長い間の関節の側彎や、加齢による関節腔の柔軟性のある軟骨組織が硬化や、関節の先端から伸びた棘が神経を圧迫したりすることが原因とされています。つまり、胸椎の関節の変形です。但し、胸椎は可動性がなく、負担が少ないので、稀な病気です。
>>背中や腰の上だけではなく、足にも感じる場合の詳細

腰やお尻から足まで感じる

長い間の関節の側彎や、加齢や長時間座っていたり、重い物を持つことが多かったりして、腰椎に負担がかかる人に多発します。腰椎関節の骨と骨の間に椎間板はクッションのような働きをして腰椎に加わる負担を軽くしていますが、加齢や腰への負担、外傷などによって、この椎間板に亀裂が生じ、中にある髄核と呼ばれる袋が飛び出して腰から足に向かう神経を圧迫することで発症します。
>>腰やお尻から足まで感じる場合の詳細

お尻から足まで感じる

長お尻の深層部にある筋肉の梨状筋が硬くなり、その中を通っている坐骨神経が圧迫されることにより発症します。もともとすべり症や分離症、腰椎椎間板ヘルニアなどの腰痛の元があり、お尻の筋肉に緊張のある場合に多発します。また、長く座っていたり、中腰の状態や腰をひねる動作が多いことも発症の原因となります。圧迫が強くなると、お尻から下肢にかけて痛みやシビレを感じるようになります。
>>お尻から足まで感じる場合の詳細

痛みの中心は股やお尻だけだが、足まで感じる

関節の軟骨が歳をとるにつれて、すり減ったり、関節が変形していくことによって痛みやシビレがおきます。
変形性股関節症は、遺伝による先天性のケースや、過度な運動、重労働など負担をかけることによって起こる後天性のケースにわかれます。
>>痛みの中心は股やお尻だけだが、足まで感じる場合の詳細

特に膝から下に感じる

膝の外側や後ろ側からふくらはぎに向かって総腓骨神経が走っていますが、この神経が障害を受けると、膝の下に痛みやシビレを感じるようになります。そのため、足をひきずるようになったり、ころびやすくなったりします。
>>特に膝から下に感じる場合の詳細

特にかかとや足の裏だけ感じる

膝坐骨神経の枝分かれは内くるぶしあたりで後脛骨神経となり、足根管というトンネルの中を通り、足の裏へと分布しています。この足根管が圧迫され、後脛骨神経の機能が低下することで足の裏に痛みやシビレを感じるようになります。
>>特にかかとや足の裏だけ感じる場合の詳細

特に歩いているときに感じる

膝坐骨神経腰椎には脊柱管があります。その中に脳に連絡している脊髄神経が通っています。また、脊髄神経は腰椎の1~2番目あたりで馬尾神経という名前に変わります。この脊柱管が狭くなると、馬尾神経や、そこから末梢に伸びる運動神経や感覚神経が集まっている神経根が圧迫されます。
>>特に歩いているときに感じる場合の詳細

↑ PAGE TOP