辛い足腰の痛みやシビレでお困りの方に朗報

経験者が語る ― 足腰の痛みやシビレを克服するサイト

腰やお尻から足まで感じる

特に疑われる病気と症状 原因と一般的な対処法
腰椎椎間板ヘルニア

強烈な痛みが特徴です!

腰だけではなく、足にも痛みやシビレ、冷感、筋力低下などの症状があらわれます。いわゆる坐骨神経痛症状です。咳やくしゃみをしたり、前かがみになったり、長時間立っていたり座っていたりすると痛みやシビレが強くなります。前かがみになると痛みを強く感じる人もいます。また、人によりお尻から足の後ろ側や横側、内側、あるいは小指や甲など、痛みやシビレの出方が変わります。悪化すると頻尿などの排尿障害があらわれることもあります。俗に言うぎっくり腰も腰に強い痛みを発生させますが、足まで痛みやシビレをあらわすことはありません

原因
腰椎の椎間板中の髄核が飛び出して神経を圧迫します。

加齢や長時間座っていたり、重い物を持つことが多かったりして、腰椎に負担がかかる人に多発します。腰椎関節の骨と骨の間に椎間板はクッションのような働きをして腰椎に加わる負担を軽くしていますが、加齢や腰への負担、外傷などによって、この椎間板に亀裂が生じ、中にある髄核と呼ばれる袋が飛び出して腰から足に向かう神経を圧迫することで発症します。
椎間板には血管がほとんど通っていないため、一度損傷してしまうと再生することはありません。出っ張った椎間板が神経を圧迫すると、激しい腰痛や脚のしびれなどの症状が現われます。悪化すると無感覚になったり、筋肉に麻痺が起こったりします。膝がガクンと折れる、履いていたスリッパが落ちる、排尿や排便の感覚が解らなくなるといった症状に悩まされることもあります。

一般的な対処法

炎症が強いときは腰を冷やすこともありますが、多くは温めると痛みが緩和します。悪化防止にコルセットを装着したり、腹筋を鍛えて再発予防に努めます。痛みが激しいときは横になって、腰への負担を軽くしたり、荷物を持つときは身体に近づけるなどの注意が必要です。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、内科的な症状もあらわれてしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰椎すべり症

腰をそらすと痛みが強く出てくることが多いようです!

進行すると、腰の痛みにとどまらず、お尻から足にかけて痛みやシビレ、冷感、筋力低下などの症状があらわれます。横になったり座ったりしていると 症状が緩和されますが、前傾姿勢をとろうとすると、腰やお尻がつっぱります。また、立ったり座ったり、歩き回ったりすると増悪します。徐々に進行する傾向にありますので、気が付いたときは既に慢性化していることが多いようです。場合によっては脊柱管を圧迫することもあり、休み休みでなければ歩けないといった間欠跛行症状や頻尿などの排尿障害があらわれることもあります。

原因
腰椎がズレることによって神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こします。

年配の方に多くみられます。
生まれつき、腰椎の形態異常があって発症する先天性の場合と、年齢を重ね腰椎の椎間板の軟骨がすり減っていく、また運動や労働などによって負担がかかり腰椎のずれから発症する後天性に引き起こされる場合があります。

一般的な対処法

悪化を防止するためにコルセットを装着したり、腰の負担になる作業やスポーツをやめます。特に腰をそらせる動作は悪化の原因になりますので、要注意です。また、軽快期には腰椎を保護している腹筋や背筋を強化するための運動をします。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、内科的な症状もあらわれてしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰椎分離症

横になり安静にしていると、痛みの緩和がみられます!

立ったり座ったり、歩き回ったりして腰に負担がかかると、腰や臀部に強い痛みを感じます。特に腰をそらすと痛みが強く出てきます。悪化すると足にも痛みやシビレが出ます。若年層でも飛んだり跳ねたりするスポーツをする人に多々みられる疾患ですが、加齢とともにすべり症を併発する傾向にあります。そうなると、間欠跛行という症状もあらわれやすくなります。

原因
椎体から椎弓が離れてしまい、腰椎が不安定になり痛みを起こします。

腰椎の椎間板があるところが椎体で、その背中側に付いているのが椎弓です。椎体と椎弓の間に脊髄神経が走っています。椎体と椎弓が離れてしまい、腰椎関節が安定性を失うことで神経を刺激し、痛みが生じます。
腰椎分離症は、成長期のまだ、完全に骨格ができあがっていない時に発症しやすいです。部活動などスポーツによって負担がかかり発症することが多いです。
また、腰椎分離症が進行し腰椎すべり症を引き起こす場合もあります。腰椎すべり症が腰椎分離症を起こすこともあります。

一般的な対処法

ほぼ腰椎すべり症と同じで、悪化を防止するためにコルセットを装着したり、腰の負担になる作業やスポーツをやめます。特に腰をそらせる動作は悪化の原因になりますので、要注意です。また、軽快期には腰椎を保護している腹筋や背筋を強化するための運動をします。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、内科的な症状もあらわれてしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

変形性腰椎症

腰を温めると、痛みが緩和します!

中高年齢者に多くみられます。最初は痛みの中心は腰です。特に起床時や動き始め、重い荷物を持って腰に負担をかけたときに痛みやすいようです。また、背筋を伸ばしたときや長時間前かがみの姿勢を続けたときに痛みが強まる傾向にあります。冷えは大敵で、足腰を温めておくと痛みの緩和に役立ちます。更に悪化して脊髄神経や坐骨神経を圧迫するようになると、お尻や足に痛みやシビレを感じるようになります。また、間欠跛行を続発すると、痛みやシビレ、筋力低下などの症状があらわれ、長時間の歩行に耐えられなくなります。

原因
腰椎の関節の変形です。

圧倒的に中高年齢者に多発します。長い間の関節の側彎や、加齢による関節腔の柔軟性のある軟骨組織が硬化や、関節の先端から伸びた棘が神経を圧迫したりすることが原因とされています。若い頃に重労働や激しい運動をしてきた方も発症しやすいです。

一般的な対処法

多くは温めると痛みが軽くなります。
痛みが激しいときはコルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、間欠性跛行を起こすこともありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症

間欠性跛行という連続して長時間歩けなくなるのが特徴です!

腰痛は少なく、症状の多くは片足もしくは両足の太ももの裏、ふくらはぎ、足先までの痛みやシビレです。また、肛門付近に痛みやしびれを感じることもあります。座っているときや歩き始めは症状がないのが特徴。歩き続けるうちに足が痛んだり、しびれたりして歩けなくなりますが、座ったりしゃがんだり、前かがみになったりして腰の負担を和らげると回復し、また歩けるようになります。間欠性跛行という症状です。病状が進むと連続して歩ける距離が短くなり、立っているだけでも足の症状が出ることがあります。その結果、運動ができにくくなり、足の筋肉が萎縮して回復困難な歩行障害を引き起こすこともあります。重症化すると頻尿や排便が上手くコントロールできなくなるケースもあります。

原因
腰部の脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根を圧迫します。

腰椎には脊柱管があります。その中に脳に連絡している脊髄神経が通っています。また、脊髄神経は腰椎の1~2番目あたりで馬尾神経という名前に変わります。この脊柱管が狭くなると、馬尾神経や、そこから末梢に伸びる運動神経や感覚神経が集まっている神経根が圧迫されます。この結果、足腰の痛みやシビレを主症状とする坐骨神経痛を発症します。また、進行すると、間欠性跛行を伴うようになります。腰部脊柱管狭窄症は歩行する姿勢のときに脊柱管がさらに狭くなる傾向があるため、座った姿勢よりも歩行時に痛みやシビレがあらわれやすいようです。また、背中を反らせる姿勢も脊柱管を狭くすると言われています。したがって、間欠性跛行時、座ったり前かがみになったりして、痛みやシビレをしのぐようになります。
加齢により脊柱管を保護している椎骨や靭帯などが変化することや、分離すべり症や椎間板ヘルニアなどが原因となり発症することがあります。

一般的な対処法

神経根が圧迫され、炎症を起していると痛みが激しくなります。この場合は安静にするのが無難です。また、コルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。小康状態になったとき腰を温めたり、ストレッチなどの運動を行います。

※悪化すると間欠跛行のみならず、排尿障害も起こしてしまうことがありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰部椎間関節症候群

動いているうちに痛みやシビレが軽くなります!

中高年齢者に多くみられます。痛みは腰が圧倒的ですが、たまにお尻から太ももにも走ることがあります。それでも膝から下の方に広がることはありません。特に起床時、動作の初めに痛みを感じますが、動き回っているうちに段々痛みが遠のいていきます。また、腰をのけぞったときに痛みが強くなります。

原因
腰椎の関節が変形したり狭くなったりしています。

腰部椎間関節症候群は変形性腰椎症の1種で、左右の腰椎をつないでいる関節が、加齢や体重過多、長い間の悪い姿勢、運動不足の積み重ねなどで変性し、椎骨の隙間が徐々にせまくなった状態を言います。但し、CTやMRIでも病名を確定できない程度の変化です。したがって、症状としては普段から腰が重い、長時間座っていたり激しい運動をするとはっきりした痛みを感じるなどになります。段々すべり症や椎間板ヘルニアなどに進行する可能性があります。悪化しないように生活習慣を正しくする必要があります。

一般的な対処法

多くは温めると痛みが軽くなります。
痛みが激しいときはコルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。

※すべり症や分離症、椎間板ヘルニアなどに進行していることもありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

↑ PAGE TOP