辛い足腰の痛みやシビレでお困りの方に朗報

経験者が語る ― 足腰の痛みやシビレを克服するサイト

特にかかとや足の裏だけ感じる

特に疑われる病気と症状 原因と一般的な対処法
足根管症候群

足の裏だけに痛みやシビレを感じる。

内くるぶしの後ろから足の裏を通っている後脛骨神経が圧迫されて足の裏に痛みやシビレを起こします。
痛みを伴うことが多く、足首の周りに痛みが集中します。
悪化すると足の裏にまで痛みが広がります。安静にしていると痛まないこともありますが、歩行時に痛みが現れることがあります。

原因
腰足根管の圧迫です。

坐骨神経の枝分かれは内くるぶしあたりで後脛骨神経となり、足根管というトンネルの中を通り、足の裏へと分布しています。この足根管が圧迫され、後脛骨神経の機能が低下することで足の裏に痛みやシビレを感じるようになります。これを足根管症候群と呼んでいます。多くはサイズの合わない靴を履いたことや、足首の骨折や捻挫、スポーツなどによる足首のゆがみ・変形が原因ですが、中にはむくみやガングリオンという脂肪の塊、静脈瘤、腱鞘炎で発症することもあります。いずれにしろ、足根管が圧迫され後脛骨神経が損傷されたものです。

一般的な対処法

まずは履いている靴を再点検することです。明らかに圧迫の原因を作っているようでしたら、ゆるい靴に替えます。

※内臓の病気からむくみで発症することもありますので、まずは医師に診察が必要です。

モートン病

つま先立ちをすると足の指に痛みを感じます。

足の指の付け根から指先に痛みやシビレを感じます。
特に足の中指とくすり指に症状があらわれやすいのが特徴です。
電気が走るような激しい痛みの場合が殆どですが、中には感覚がないという麻痺症状を訴える人もいます。逆行性に膝の方まで痛みが広がることも稀にあります。

原因
多くはハイヒールが原因です。

モートン病は足の裏の指の手前の固有底側指神経の損傷です。女性に多くみられる病気です。近年では、テレビでも取り上げられ認知されてきましたが整形外科に行っても見落とされてしまうこともあります。原因の多くはハイヒールによる足の裏の圧迫です。

一般的な対処法

ハイヒールを控える、自分に合った靴を選ぶこと、インソールなど用いて予防することが大切です。

※魚の目やタコで発症することもありますので、まずは医師に診察が必要です。

足底筋膜炎

動き始めに足の裏に痛みを感じます。

最初はかかとの違和感から始まり、段々足の裏に痛みやシビレが広がってきます。特に立ち上ったり歩き始めたりするときに痛みを感じるケースが多いようです。歩いているうちに痛みやシビレが緩和しますが、長時間になると強い痛みがぶり返します。また、底が硬い靴で歩いたり階段を上り下りして足の裏に刺激が加わると痛みやシビレが増悪します。足の指を曲げたり伸ばしたりすると足の裏に鋭い痛みを感じるという人もいます。

原因
足の裏の筋膜の断裂です。

足指の付け根からかかとまで一枚の膜のように張っている足底腱膜の疲労が蓄積していくと、柔軟性が悪くなり堅くなります。その状態で足の裏に負担をかけると筋膜が断裂し炎症を起こすことで、痛みやしびれが発生します。断裂の際に痛みが生じますが、その後は痛みがなくなることがあります。 長時間の休憩や睡眠時には断裂が修復されるからです。ところが、歩きはじめるときや、急に立ち上がるときなど、衝撃が足の裏に加わると、再び断裂し痛みを感じます。発症の原因としては、スポーツで足の裏に衝撃を与え続けたり、足の裏に衝撃がかかりやすい靴を履いたり、体重オーバーで足の裏に負担がかかったりすることが知られています。

一般的な対処法

まずは足の裏に負担がかからないような靴を履くことです。また、長時間立っていない、歩かないなどの注意が必要です。当然、過激なスポーツは慎むべきです。

※悪化すると炎症部が石灰化を起こし、手術が必要になることもありますので、まずは医師に診察が必要です。

可能性のある病気と症状 原因と一般的な対処法
腓骨神経麻痺

膝の横から足の甲にかけて痛みやシビレを感じます。

膝から下の外側や足の背ならびに足の第1~第4指の表側に痛みやシビレを起こします。長く歩いたり、立っていると痛みやシビレが強くなったりします。進行すると、つまさきを引きずるような歩き方になり、更に悪化すると、足首に力が入らず、だらーんとしてしまいます。

原因
膝の総腓骨神経の麻痺です。

膝の外側や後ろ側からふくらはぎに向かって総腓骨神経が走っていますが、この神経が障害を受けると、膝の下に痛みやシビレを感じるようになります。そのため、足をひきずるようになったり、ころびやすくなったりします。当然、捻挫も起こしやすくなります。これを腓骨神経麻痺と呼んでいます。悪化すると、足首に力が入らない下垂足という状態になります。足を骨折しギブスをした際の膝への圧迫や、横向きに寝て膝の外側を押さえつけていたりすることで発症するケースが多いようです。

一般的な対処法

長時間の正座や足組、膝の外側を圧迫する横寝などに注意が必要です。
また、患部を温めたり、入浴時に行うマッサージが効果的です。麻痺の程度により異なりますが、通常は自然に治ることが多いようです。

※足首の運動麻痺などの後遺症が残ることもありますので、まずは医師に診察が必要です。

梨状筋症候群

座っているより、歩いている方が楽です。

最初はお尻の筋肉の凝りから始まります。
段々お尻や太もも、足先まで痛みやシビレを感じるようになります。
痛みは電気が走るような鋭い感じだったり、灼熱感だったりと、激しい場合が多いようです。
特に長時間座りどおしだったり、急に前屈姿勢になったり、痛みやシビレを感じている側を上にして横になったときに痛みやシビレが強くなる傾向にあります。また、中腰の状態で腰をひねると痛みやシビレが悪化するケースが多々みられます。
女性に多いのも特徴です。

原因
お尻の梨状筋が坐骨神経を圧迫します。

お尻の深層部にある筋肉の梨状筋が硬くなり、その中を通っている坐骨神経が圧迫されることにより発症します。もともとすべり症や分離症、腰椎椎間板ヘルニアなどの腰痛の元があり、お尻の筋肉に緊張のある場合に多発します。また、長く座っていたり、中腰の状態や腰をひねる動作が多いことも発症の原因となります。圧迫が強くなると、お尻から下肢にかけて痛みやシビレを感じるようになります。

一般的な対処法

まずは長時間座る習慣を改めましょう。また、原因がお尻の筋肉の凝りですので、お尻のマッサージやストレッチが役立ちます。

※悪化すると、陰部や肛門まで痛みやシビレが広がりますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

変形性股関節症

痛みの中心は股です。

最初は立ち上がったり、階段の上り下りのときに痛みを感じます。
痛みは股から腰やお尻、太ももにも及ぶことがあります。進行すると、足にも痛みやシビレが広がることがあります。段々歩行が困難になるばかりか、横になっていても痛みを感じるようになります。そのため運動がしにくくなるので、足腰の筋肉が衰えてきます。

原因
股関節の変形です。

股関節の軟骨が歳をとるにつれて、すり減ったり、関節が変形していくことによって痛みやシビレがおきます。
変形性股関節症は、遺伝による先天性のケースや、過度な運動、重労働など負担をかけることによって起こる後天性のケースにわかれます。

一般的な対処法

股関節に負担をかけないように体重オーバーや過度な歩行には注意が必要です。但し、筋力が低下すると症状が悪化しますので、水中歩行などのリハビリが役立ちます。

※悪化すると、人工股関節の手術になってしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

外側大腿皮神経障害

太ももの前面と外側の痛みやしびれが特徴です。

股から太ももの前や横に痛みやシビレを感じます。スクワット運動のように、膝を大きくしゃがんだり延ばしたりすると痛みやシビレが強くなります。但し、痛みやシビレによる影響はあるにせよ、筋肉に力が入らないということはありません。また、膝から下に痛みやシビレが広がることもまずありません。

原因
大腿皮神経の損傷です。

大腿皮神経は腰椎の2~3番目あたりから股の靭帯のトンネルを通って太ももの外側に伸びています。そのトンネルの出口付近で圧迫を受けることで発症します。圧迫の原因としては 肥満や妊娠、衣服による締め付けが考えられます。

一般的な対処法

きついジーンズやパンツなどは控えた方がいいでしょう。また、肥満の方は減量も必要になるかもしれません。

※日頃の生活習慣を是正しても一向に痛みやしびれが消えない場合は医師に相談した方が良いでしょう。

腰椎椎間板ヘルニア

強烈な痛みが特徴です!

腰だけではなく、足にも痛みやシビレ、冷感、筋力低下などの症状があらわれます。いわゆる坐骨神経痛症状です。咳やくしゃみをしたり、前かがみになったり、長時間立っていたり座っていたりすると痛みやシビレが強くなります。前かがみになると痛みを強く感じる人もいます。また、人によりお尻から足の後ろ側や横側、内側、あるいは小指や甲など、痛みやシビレの出方が変わります。悪化すると頻尿などの排尿障害があらわれることもあります。俗に言うぎっくり腰も腰に強い痛みを発生させますが、足まで痛みやシビレをあらわすことはありません

原因
腰椎の椎間板中の髄核が飛び出して神経を圧迫します。

加齢や長時間座っていたり、重い物を持つことが多かったりして、腰椎に負担がかかる人に多発します。腰椎関節の骨と骨の間に椎間板はクッションのような働きをして腰椎に加わる負担を軽くしていますが、加齢や腰への負担、外傷などによって、この椎間板に亀裂が生じ、中にある髄核と呼ばれる袋が飛び出して腰から足に向かう神経を圧迫することで発症します。
椎間板には血管がほとんど通っていないため、一度損傷してしまうと再生することはありません。出っ張った椎間板が神経を圧迫すると、激しい腰痛や脚のしびれなどの症状が現われます。悪化すると無感覚になったり、筋肉に麻痺が起こったりします。膝がガクンと折れる、履いていたスリッパが落ちる、排尿や排便の感覚が解らなくなるといった症状に悩まされることもあります。

一般的な対処法

炎症が強いときは腰を冷やすこともありますが、多くは温めると痛みが緩和します。悪化防止にコルセットを装着したり、腹筋を鍛えて再発予防に努めます。痛みが激しいときは横になって、腰への負担を軽くしたり、荷物を持つときは身体に近づけるなどの注意が必要です。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、内科的な症状もあらわれてしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰椎すべり症

腰をそらすと痛みが強く出てくることが多いようです!

進行すると、腰の痛みにとどまらず、お尻から足にかけて痛みやシビレ、冷感、筋力低下などの症状があらわれます。横になったり座ったりしていると症状が緩和されていますが、前傾姿勢をとろうとすると、腰やお尻がつっぱります。また、立ったり座ったり、歩き回ったりすると増悪します。徐々に進行する傾向にありますので、気が付いたときは既に慢性化していることが多いようです。場合によっては脊柱管を圧迫することもあり、休み休みでなければ歩けないといった間欠跛行症状や頻尿などの排尿障害があらわれることもあります。

原因
腰椎がズレることによって神経が圧迫され、痛みやしびれを引き起こします。

年配の方に多くみられます。
生まれつき、腰椎の形態異常があって発症する先天性の場合と、年齢を重ね腰椎の椎間板の軟骨がすり減っていく、また運動や労働などによって負担がかかり腰椎のずれから発症する後天性に引き起こされる場合があります。

一般的な対処法

悪化を防止するためにコルセットを装着したり、腰の負担になる作業やスポーツをやめます。特に腰をそらせる動作は悪化の原因になりますので、要注意です。また、軽快期には腰椎を保護している腹筋や背筋を強化するための運動をします。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、内科的な症状もあらわれてしまいますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

変形性腰椎症

腰を温めると、痛みが緩和します!

中高年齢者に多くみられます。最初は痛みの中心は腰です。特に起床時や動き始め、重い荷物を持って腰に負担をかけたときに痛みやすいようです。また、背筋を伸ばしたときや長時間前かがみの姿勢を続けたときに痛みが強まる傾向にあります。冷えは大敵で、足腰を温めておくと痛みの緩和に役立ちます。更に悪化して脊髄神経や坐骨神経を圧迫するようになると、お尻や足に痛みやシビレを感じるようになります。また、間欠跛行を続発すると、痛みやシビレ、筋力低下などの症状があらわれ、長時間の歩行に耐えられなくなります。

原因
腰椎の関節の変形です。

圧倒的に中高年齢者に多発します。長い間の関節の側彎や、加齢による関節腔の柔軟性のある軟骨組織が硬化や、関節の先端から伸びた棘が神経を圧迫したりすることが原因とされています。若い頃に重労働や激しい運動をしてきた方も発症しやすいです。

一般的な対処法

多くは温めると痛みが軽くなります。
痛みが激しいときはコルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。

※悪化すると神経の痛みやシビレが強くなるどころか、間欠性跛行を起こすこともありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰部脊柱管狭窄症

間欠性跛行という連続して長時間歩けなくなるのが特徴です!

腰痛は少なく、症状の多くは片足もしくは両足の太ももの裏、ふくらはぎ、足先までの痛みやシビレです。また、肛門付近に痛みやしびれを感じることもあります。座っているときや歩き始めは症状がないのが特徴。歩き続けるうちに足が痛んだり、しびれたりして歩けなくなりますが、座ったりしゃがんだり、前かがみになったりして腰の負担を和らげると回復し、また歩けるようになります。間欠性跛行という症状です。病状が進むと連続して歩ける距離が短くなり、立っているだけでも足の症状が出ることがあります。その結果、運動ができにくくなり、足の筋肉が萎縮して回復困難な歩行障害を引き起こすこともあります。重症化すると頻尿や排便が上手くコントロールできなくなるケースもあります。

原因
腰部の脊柱管が狭くなり、馬尾神経や神経根を圧迫します。

腰椎には脊柱管があります。その中に脳に連絡している脊髄神経が通っています。また、脊髄神経は腰椎の1~2番目あたりで馬尾神経という名前に変わります。この脊柱管が狭くなると、馬尾神経や、そこから末梢に伸びる運動神経や感覚神経が集まっている神経根が圧迫されます。この結果、足腰の痛みやシビレを主症状とする坐骨神経痛を発症します。また、進行すると、間欠性跛行を伴うようになります。腰部脊柱管狭窄症は歩行する姿勢のときに脊柱管がさらに狭くなる傾向があるため、座った姿勢よりも歩行時に痛みやシビレがあらわれやすいようです。また、背中を反らせる姿勢も脊柱管を狭くすると言われています。したがって、間欠性跛行時、座ったり前かがみになったりして、痛みやシビレをしのぐようになります。
加齢により脊柱管を保護している椎骨や靭帯などが変化することや、分離すべり症や椎間板ヘルニアなどが原因となり発症することがあります。

一般的な対処法

神経根が圧迫され、炎症を起していると痛みが激しくなります。この場合は安静にするのが無難です。また、コルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。小康状態になったとき腰を温めたり、ストレッチなどの運動を行います。

※悪化すると間欠跛行のみならず、排尿障害も起こしてしまうことがありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

腰部椎間関節症候群

動いているうちに痛みやシビレが軽くなります!

中高年齢者に多くみられます。痛みは腰が圧倒的ですが、たまにお尻から太ももにも走ることがあります。それでも膝から下の方に広がることはありません。特に起床時、動作の初めに痛みを感じますが、動き回っているうちに段々痛みが遠のいていきます。また、腰をのけぞったときに痛みが強くなります。

原因

腰部椎間関節症候群は変形性腰椎症の1種で、左右の腰椎をつないでいる関節が、加齢や体重過多、長い間の悪い姿勢、運動不足の積み重ねなどで変性し、椎骨の隙間が徐々にせまくなった状態を言います。但し、CTやMRIでも病名を確定できない程度の変化です。したがって、症状としては普段から腰が重い、長時間座っていたり激しい運動をするとはっきりした痛みを感じるなどになります。段々すべり症や椎間板ヘルニアなどに進行する可能性があります。悪化しないように生活習慣を正しくする必要があります。

一般的な対処法

多くは温めると痛みが軽くなります。 痛みが激しいときはコルセットを装着したり、腰の負担になる動作をやめます。重い物を持つのは悪化の原因となります。

※すべり症や分離症、椎間板ヘルニアなどに進行していることもありますので、まずは医師による診察を受けるようにしましょう。

↑ PAGE TOP